新たな日本酒と人との出会いが生まれるイベント「NIPPON SAKE TRIP!!」が新橋”カフェピアッザ”にて開催!

6月20日(木)から6月22日(土)までの期間限定で、新橋から徒歩2分のカフェ ピアッザにて開催している”NIPPON SAKE TRIP!!”

 

会場のカフェ ピアッザ

 

JR東日本スタートアップ株式会社と資本業務提携を結ぶ、株式会社AgnaviとPIAZZA株式会社の2社が手を組んで企画した本企画ですが、その経緯には若者の日本酒離れが進む昨今において日本酒の消費量の減少によって地域の酒蔵にとっては厳しい状況が続いている現状があり、それを打破する為に考えられたという流れがあります。

 

そんな冷え込む日本酒業界を盛り返す特効薬になり得るものが、株式会社Agnaviが展開する日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®︎」になります。

 

 

「ICHI-GO-CAN®︎」は缶の充填から販売までの一気通貫サービスで展開されていて、大小関係なく地域の酒蔵と連携して小ロットで清酒を缶に詰めることが可能になるブランドです。

 

ICHI-GO-CAN®︎と本イベントについて語る株式会社Agnavi代表取締役 玄 成秀氏

 

生産ロットの問題から通常市場に出回る機会が少ない銘柄であってもこのシステムを利用する事で市場に流通させる事が可能になるので、世間にまだ知られていないまだ見ぬ地酒に出会う機会を創ることが出来るメリットがあるんですね。

 

これは小さな酒蔵ににとってはより多くの人に自社ブランドを知って貰う絶好の機会になるし、消費者にとっては新たな日本酒との出会いになるのでお互いにとってメリットが大きいですよね。

 

一方でPIAZZA株式会社は地域コミュニティの活性化を目指す企業として多くのイベントを通して人々が集まり、交流する場を提供しています。

 

そんな出会いの場として存在するカフェピアッザでイベントやポップアップをする事で多くの人に日本酒の魅力を知って貰うきっかけの場となる事を目指して今回のコラボが実現したという背景があるんですね。

 

NIPPON SAKE TRIP!!をきっかけに国内外の方に日本酒の魅力を知って貰い、強いては気に入った日本酒の酒蔵を目指して多くの人がその地域に旅をする…そんな取り組みになる目的があるそうです。

 

イベントで用意されている銘柄は東京や千葉県、埼玉、神奈川を始め、北は青森から南は熊本まで、数多くの酒蔵のICHI-GO-CAN®︎が店内を彩り、パッケージを見てるだけでも何だかワクワクする気分になってきます。

 

 

 

 

角打ちは通常半合600円、1合1,000円でプレミアムは半合700円、1合1,200円
60分飲み放題(全60種)であれば3,480円という価格設定になっています。

 

日本酒好きでそれなりに量を飲める人にとっては、断然飲み放題プランがお得ですね。

 

 

日本酒好きが集まれば自然と会話も弾み、その場での新たな人との出会いが生まれたり、自分好みの日本酒に出会えたりするかもしれないですね。

 

気になる方は今週末は新橋へ足を運んでみてはいかがですか?

 

 

【NIPPON SAKE TRIP!!】

 

会場:カフェ ピアッザ
住所:東京都港区新橋3-16-17 1階

期間
2024年6月20日(木)〜6月22日(土)
6月20日(木)18:00〜22:15(L.O.22:00)
6月21日(金)17:00〜22:15(L.O.22:00)
6月22日(土)15:00〜22:15(L.O.22:00)